オークションの活用

カメラの買取査定額に不満な方は、インターネットオークションサイトを活用することも有効かもしれません。ネットオークションならば、業者やお店のように中間マージンを取る人がいないため、低コストで高額で売れる可能性が高く、お客さんへダイレクトに売ることが可能となります。買い手が多く付けば付くほど、価格は高くなっていくため、人気のカメラであれば自然と高くなっていき、業者やお店の買取査定額を超えるような値が付くことも多いです。

ただし、オークションサイトを利用してカメラを売却することはデメリットも多いため注意が必要です。ジャンク品はまず売れないという欠点、郵送から代金の回収まで、必要となる手続きは全て自分で行わなければならない点、また知識不足の方は後々になって購入者から質問があった場合に対処に困る可能性がある点などなど、何かとトラブルが発生してしまいがちなのがオークションサイトを利用するデメリットとなります。

ここ2、3年で発売されたモデルのカメラならば良い値で買い手が付くかもしれませんが、故障しているカメラなどは基本的に買い手が付かないと思っておいて良いでしょう。手間やトラブルが嫌だという方は、素直に業者やお店を利用した方が良いかもしれません。